コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業からの完全撤退

撤退が早過ぎやしないか?
ファンにとっては驚きの発表でした
そんなに銀塩って今は儲からないんでしょうか?

デジカメが今は大流行
コンパクトのものからプロが使用する一眼レフタイプのものまで、
昔じゃ考えられないほど、身近なものとなってしまいました

デジカメ、まず手軽さがウリですよね
普通のフィルムのカメラじゃ、写り具合は現像してみなくちゃわかりませんけど、
デジカメならその場で確認して、その場で撮り直し、その場で削除…
ある意味、昔では、経験がものをいう「完璧な写真を撮る」という強者の世界は、
デジカメの存在が写真初心者から中級者への飛び級を可能にしたためか、
とっても敷居の低い世界になってしまったように思います

でも元々の写真家にはわかると思いますが、
デジカメは永久にフィルムには追いつけないんじゃないかってことです
写真の深み、表現力、微妙なニュアンス……
そう、デジタルはアナログには敵わないってことです
デジタル信号は限りなくアナログの波形には近づけるけれども、
絶対に全く同じにはならないんですよ

でもレコードはマニアの世界だけで、もう一般からは姿を消してしまいました
CDの出現で、手軽さ、劣化しない音質など、現代の人のニーズに沿ったものだったため、
急激にレコード離れが進んだのを思い出します

それと同じ状態が、今度はカメラ業界に流れ込んできたのかと思うとぞっとします
アナログにはアナログのいい部分がたくさんある……
本当にいいものを次の時代に残すことが僕らの使命だと思いまする

ということでBlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←クリックm(_ _)m

カテゴリー: 日記的ひとりごと パーマリンク