「白い箱」の正体

アイ・オー・データ機器の上級者向けPCパーツブランド「挑戦者」ブランドから発売されている
LAN Tankのギガビットイーサ版「SOTO-HDLGW(GLAN Tank)」
通称「グラタン」と呼ばれる、パソコン周辺機器があります
ちなみに初代LAN Tankは、玄人思考の「玄箱」に対抗して、「白箱」と呼ばれていました

使い勝手を考えると、パソコン周辺機器というより、
限りなくパソコンパーツに近いといってもいいかもしれません

こいつは、NAS(Network Attached Storage)と呼ばれるブツのキットでして、
例えば家庭内LAN、パソコンが数台つながっている環境で、
パソコンと肩を並べて、裸のハードディスクが一緒に存在する感じ……
その機械を組み立てるキット、なわけです

WindowsXPならファイル共有設定が簡単にできますけど、
同じような操作で、そのハードディスクにアクセスできるという優れものです

しかし、インストールには別に、CD-ROMブートができるデスクトップパソコンがもう1台必要で、
グラタンに接続する前に、ハードディスクをまずデスクトップへつないで、
OS(Linux)をインストールしなければなりません
その他諸々、多岐にわたっての知識はもちろん必要になってくるので、
設定方法などの各種質問についても、サポートは全くなし(笑)
メーカーのホームページにも、
「特別な知識を要する、全て自分で解決できる人でないと難しいレベル」と明記もされています(^^;;;

けど、こいつさえあれば、僕が立てようとしていたサーバ本体もむっちゃコンパクトになるし、
材料費用も(多少は)財布に優しいし、もうすでに買う気満々(爆死)
解説本も今日買っちゃいましたし(ぉぃ)

欲しい!欲しいぞ~(叫)

BlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←ぽちっm(_ _)m

カテゴリー: パソコン好きな家電オタク パーマリンク