他人のパソコンを作ってあげること

最近、知人のパソコンを、僕が代わりに作ってあげることが増えています

メーカーパソコンも結構安くなってきて、自作パソコンのメリットといえば、
もう自己満足しかないんじゃないか?というところまで来ましたが(爆笑)、
それでもWindowsのクリーンインストールがやっぱりいいんでしょうか?
僕の作ったパソコンはとても安定していると評判がいいのですね

っていうか、パソコンを引き渡すときに、
Windowsの基礎知識について、口を酸っぱくするほど言い聞かせるくどさがいいんでしょうか?(ぉぃ)
こういう使い方をすれば、いつまでも快適に使用できるよっていう、
おばあさんの知恵袋的なアドバイスがいいんでしょうか?(笑)

なんか知らんけど、どんどん注文が来ます(^^;

ハイスペックのパソコンの注文がやっぱり多いですね

でも、向こうから予算を提示されて、それに合わせるときの部品調整がなんか気を遣います(汗)

自分のパソコンなら、デザインが少々悪かったりしても、
安さにこだわるなら、それを選んだりすることが簡単にできるんですけど、
色々と犠牲に出来る部分って、人によって違うじゃないですか?

完全に任せてくれるといわれても、喜んで、しかも納得してもらいたいし、
請け負ったからには完璧を目指す、この僕の性格が悪いのかどうか知りませんが(笑)
この部品じゃだめ?って何回も依頼者に尋ねることが結構あります

それで時間がかかるんですよね~

あと、他人のハイスペックのパソコンを組みながら、
「ああ、僕のパソコンとすげ替えようかな?」なんて思うことはしょっちゅう☆

精神衛生上よくありませんね(^^;;;

BlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←ぽちっm(_ _)m

カテゴリー: パソコン好きな家電オタク パーマリンク