雨上がりの路上

朝、通勤時、駅まで歩いたとき、
よくミミズが大量に道で死んでいたり、動いていたりするのを見かけます

今の家に引っ越してきて、周りに緑がある環境っていうのは、
ほんと、久しぶりなのかもしれません
ミミズを大量に見るのも、周りに土がたくさんあるからなんですよね~

朝は放心状態で歩いているので(爆笑)
何を見ても何も感じることはないんですけど、
足の踏み場に困るぐらいミミズが死んでいるので、
さすがに「これは何でなんだろ?」って疑問を持ちました

よ~く思い出して考えてみると、確か大雨の降った後に、
よくミミズが路上に出てきているのではないかと気がつきました

これは?と思い、ネットでちょっと調べてみると……

・土の中に雨水が入り込み、土の中の酸素が失われるため

らしいです(^^;
ミミズの種類によっては、他にも違う理由があるようなのですが、
雨の日に後って限定すると、こういう結論に達しました

あと、ミミズは紫外線に大変弱いので、
森の中とかなら落ち葉の下へ身を隠すことも可能なはずですが、
運悪くコンクリートやアスファルトの場所まで出てきてしまったら最期、
太陽光線でやられてしまうってことですね

ミミズは僕的にはとても気持ちが悪いものなので、
謎が解けただけでOK(^^;;;
この話はこれでおしまいにしましょ(じゃあ書くなよ>笑)

BlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←ぽちっm(_ _)m

カテゴリー: 日記的ひとりごと パーマリンク