HD DVDの終焉

東芝がHD DVDをやめると決断したわけですが、
みんな騒ぎすぎのような気もします(僕の周りの人たちだけ?)

「東芝製レコーダを買っちゃったけど、どうしよう~」
って思っている人もいるみたいですけど、
そこまで思い詰めることはないと思います(たぶん^^;)

んま、僕は元々東芝派なんですが(笑)
元々、悔しいけど、HDとBlu-rayなら、
どう頑張ってもBlu-rayに軍配が上がるだろうと思ってました

Blu-rayは片面2層で50GB(1層なら25GB)
HD DVDは片面2層で30GB(1層なら15GB)
映像や音声をデータ化するんなら、
容量の大きい方が便利なのは分かり切ったことですよね

昔々、VHSとベータのビデオカセットの戦いでも、
長時間録画できる方のVHSが、勝利をおさめています
↑VHSでアダルトビデオが流通したからだという俗説もありますが(ぉぃ)
ベータの方が、音質も画質もVHSに勝っていても、
最終的には、ほぼVHSが背負い投げ一本勝ちのような状況になりました

で、HD DVDとBlu-rayの勝負ですけど、
PS3でBlu-rayが再生できるっていうのも、
やっぱりちょっとぐらいはセールスポイントになっていると思うんですよね

HD DVDも外付けではありますが、MicrosoftのXBOX360用ドライブが発売され、
ゲーム業界でも水をあけられないように頑張ってはいたんですけど、
Microsoftってゆーのが、どうもいかん(苦笑)

さて、冗談はMicrosoftだけにしといて(爆笑)
HD DVDがなくなり、Blu-ray一本化になることは、
長い目で見たら消費者にとってはいいことだと思います
Blu-rayドライブもメディアも速度を増して価格が下がっていくでしょうね

それより、東芝のこの早い決断もすごいと思いますよ
このリーダーの決断は潔いというか、全然嫌な気がしませんでした
全速力で先頭を走っているのに、急に「や~めたっ」って普通はいえません(^^;
東芝をもっと好きになった瞬間でもありましたね☆

知る人ぞ知るですが……
こんな渦中、東芝のRD-S601を購入したのはこの僕です(爆笑)

HD DVDドライブ搭載のモデルは、さすがに怖くて買えなかったんですけど(^^;;;
それでも、DVD・HDDレコーダを買うんなら、僕は東芝製しか眼中になかったんです

今までSONYのPSXを使い続けてきましたが、
SONY製品の使い勝手には、もうお腹いっぱいです(悪い意味で)

編集能力の高さや家庭内LANを駆使した機能など、
東芝のRDを買うメリットは、まだまだ十分にあると思います

ということで、どんな状況下ででも、ハイビジョンレコーダは、
東芝のRDシリーズがベストバイであるという結論でした~(偏見ばりばり)

BlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←ぽちっm(_ _)m

カテゴリー: パソコン好きな家電オタク パーマリンク