ウンベラータの挿し木

ウンベラータの株を増やしたくて、
色々とネットで調べていたんですけど、
よく引っかかるのは取り木の方法で、
僕はこの方法しかないと思っていたんですよね

でも、普通に「はさみ」などでちょっきんと切って、
切った枝をそのまま水につけておくと、
どうやら気長に1ヶ月ほど待つと根が出てくるようなことを、
写真入りのブログ記事で読みました(^^;

うちのウンベラータは横に広がりすぎたので、
ほとんどの枝を切って仕切り直そうかと思っています(大胆)

立派な葉っぱをつけているだけに、
とってももったいない気もするんですが、
とりあえず、枝を3本ほど切って、
切った枝をそれぞれコーヒー牛乳の瓶などに生けています(笑)

切った枝の画像は後日アップしますね(^^;
これでちゃんと切った枝も、残った親の幹も、
元気に育っていってくれることを願うばかりです~

BlogRanking参加してます☆応援お願いしますっ
人気blogRankingBanner←ぽちっm(_ _)m

カテゴリー: 日記的ひとりごと パーマリンク