FlautoTraverso-時空の旅

時空を旅するフルーティスト 太田里子さんファンHP

内容についてのご質問、出演依頼、その他お問い合わせにつきましては、専用ページを設けてございますので、そちらからお願い申し上げます。
ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログですが、太田里子さんご本人も書き込みされます。

ブログ一覧

管理人です。

今日は、去る2月23日(新!天皇誕生日)、日本古楽アカデミーさんのコンサートを聴きに行かせていただいたときのお話^ – ^

“テレマン、パリへ行く”

タイトルのとおりフランスバロックに特化したものではなく、両国の文化の視点から聴いてみると楽しいプログラム

どの曲も落ち着いた雰囲気のなか、美しいメロディにひき寄せられましたが、特に太田さんのトラヴェルソが加わって演奏されたブラヴェと最後のパリ4重奏曲は圧巻のアンサンブルで、これはレコード化してほしいと思う演奏でした!

ちなみに今回の会場、天王寺区役所講堂も初めて寄せていただいたのですが、新しい建物ながら造りやデザインは古風で趣のある空間です!

室内楽にはピッタリの広さでした^_^

 

ムジークフェストなら2019

桜の季節になりました。

来月から、ムジークフェストならが始まります!

今年は期間中に2度出演させて頂けることになっております。どちらも無料ですが、お申込みが必要です。(お申込み方法以下ご参照下さい)

ムジークフェストならには、有難いことに初回から毎年出演させて頂いており、毎回、演奏会場もスタッフの方もお客様も素晴らしく、感激しております。今年も楽しみにしております。どうぞお出かけ下さい。

5/23は、おなじみ、ギターの稲川雅之さんとのデユオで

「フルートとギター、癒しの時間」

<出演>
太田里子(モダンフルート)
稲川雅之(ギター)

<会場>岡寺 (龍蓋寺)書院(要拝観料:400円)

(〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡806)

<時間>14:00~15:00(13:30開場)
※無料送迎バスあり ※ガイドあり

6/6は、吉竹百合子さんのスピネットとご一緒させて頂き、

「古都で味わうバロックの魅力」
<出演>
太田里子(バロックフルート)
吉竹百合子(スピネット)
<プログラム>
テレマン:「食卓の音楽」フルートソナタ ロ短調
ほか
<会場>今井まちなみ交流センター「華甍」※県指定文化財 旧高市郡教育博物館(橿原市今井町2-3-5)
※近鉄「八木西口」駅より徒歩約5分、JR「畝傍」駅より徒歩約8分、近鉄「八木」駅より徒歩約10分

<時間>14:00~15:00(13:30開場)

 

◆入場無料(要事前申込)
◆申込方法:本公演は、会場の収容人数の関係上、事前にお申込が必要です。
応募多数の場合は、抽選の上、入場券の発送もって発表に代えさせていただきます。
(5月初旬に入場券を発送予定)
《WEB申込》http://www.naraken.com/musik/event/6/event21001.html
※お申込みの締切は4月27日(土)24:00です。
《はがき申込》
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、公演番号(0606-3)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、下記までお申込ください。
〒630-8213 奈良市登大路町6-2「ムジークフェストなら2019 受付事務所」宛
※WEBからのお申込は1回または、はがき1枚の応募で、5公演までお申込が可能です。(1公演につき、2名まで応募可能)
※入場券は5月初旬に当選者のみに郵送します。
入場券の発送をもって発表に代えさせていただきます。落選のお知らせは致しませんので、あらかじめご了承ください。
◆主催:奈良県 ムジークフェストなら実行委員会
==========================================

 

有田正広氏による公開レッスンとレクチャー

こんばんは^^

管理人、久しぶりに投稿します。

来たる3月16日の有田正広先生とのデュオリサイタルと並行して公開レッスンとレクチャーを開催します。ご希望の方は下記までお問合せください。

 

有田正広氏による公開レッスン

2019年3月13日(水)18:00~

聴講料:2,000円


有田正広氏による公開レクチャー

2019年3月14日(木)19:00~

「分かりやすく学べる18世紀のフランス音楽演奏のマナー」

〜全ての楽器演奏に役立つ様々な装飾法<agréments>とイタリアの装飾との違いなどを実際の音楽を通して学ぶ〜

聴講料:2,500円


ご予約・お問合せ

Tel:090-8127-2532 Mail : stdyana@kem.biglobe.ne.jp

 

2018年9月17日(祝)カフェライブ♪

皆様、暑くなってきました!

お元気でお過ごしでしょうか?

さて、9月17日に、奈良の田原本というところにあるカフェにて、

ギタリストの稲川雅之さんとライヴをさせて頂くことになりました。

ムジークフェストならで、次はいつですか?と聞いて下さった皆様も、初めての方も!

またまた奈良で演奏しますので、ぜひご来場ください!

場所)カフェ朝日堂 https://asahido-cafe.on.omisenomikata.jp/

時間)14時開演(途中の休憩で、おいしいケーキが頂けます!)

チャージ)2000円(ケーキセット付)

今回はどんなプログラムになるでしょうか!

楽しんでいただけるよう、只今あれこれ考えています。お楽しみに!!

ゴゴノバロックを聴いてきました〜

トリオ・カルテットで聴く バッハとテレマン珠玉の名曲

笹櫛です!

秋の週末、あいにくの雨になりましたが、南森町にある天満教会さんで室内楽のコンサートを聴いてまいりました。

名曲ばかり・・・とはいえ、滅多に演奏されない曲なので、聴きごたえのあるプログラムでした。

先ずはテレマンの四重奏曲はバッハの重さが抜けたような聴きやすい曲♪

続いてご存知バッハのトッカータ・ホ短調BWV914ですが、これはもちろんチェンバロソロによる演奏。この構築された音符の作りがまさに大バッハならではでしょう♪

そして音楽の捧げ物からトリオソナタですが、定番とはいえ私はこの曲をチェンバロとの演奏で初めて聴き、これがバッハなんだなと確信しました。うちのCDはフォルテピアノなので今まで少しもの静かな印象でした。いつでもテーマがどこかで鳴っているのが印象的な曲ですね。

後半、エマニュエルのトリオソナタで始まりましたが、これまた4人のアンサンブルが圧巻で、教会の天井に反響して後期バロックの聴きやすさのイメージを増大させてくれます♪

最後は、私の大好きなパリ四重奏曲第6番!もうね〜最後のシャコンヌで感激して涙・・・ではなく、あまりに美しくて笑み(喜び)が溢れてきました♪

バロック音楽離れが進む昨今、関西でもバロック室内楽のコンサートはまだまだ盛んで、その場を提供してくれる教会やホールもたくさんあるものなんですよ〜〜